日本の畳識01 日本の畳識02 日本の畳識03

日本の住宅に多い

今度住む家はフローリングが良い…。なんて叫ばれていた時代もありますが、元来、地べたに座る事が多い日本人の生活スタイルを考えると、まだまだ畳の方が良いと言えます。
フローリングはすぐにホコリやチリがきになりますが、畳はそんなことないですよね。(あれ?掃除嫌いな私だけ?)
それに、例えば2DKの部屋を借りることを考えたら、片方はフローリングでも、もう片方は畳の方が良いですよね。

でも、畳には寿命というものがあります。現代の住宅で特に見られるのが、日光によるヤケです。
これは畳だけでなく、ふすまもそうです。
ふすまの場合はちょっと何かの角をぶつけただけで穴が空いてしまいますよね。
ぎゃあしまった!と思ってもあとの祭り。穴だらけになったふすまの見栄えは決して良いとは言えないので張替えが必要になります。

昔でこそ、畳やふすまの張替えは高価なものでしたが、今ではリーズナブルな価格での張替えが可能になっています。
賃貸住宅でなく、持ち家であれば特に、業者の選択もできますし、自由度は上がりますよね。
そこで今回は、張替えについて考えていきたいと思います。
より良い張替えとはどういったものなのか?相場はいくらぐらいなのか?知っておきたい知識を付けましょう。